ちょっとした気配りが大きな差を生む

自分自身の買い物での出来事で接客の奥深さを体感しましたので読んでいただけると幸いです。 このような場合あなたはどちらのお店で買い物をしますか?同じ商品を同じ値段で買うのであれば、「親切な対応をしてくれる」「説明がわかりやすい」「明るく活気がある」などプラスアルファの部分が大きな判断材料になるはずです。つまり、いかに満足感を得られるかという「接客サービス」の善し悪しが、ものを買う時の大切なポイントになってくると思いました。接客サービスとは、単にお客様がお店に来て商品を買うまでの対応のことを指しているわけではありません。お客様に気持ちよくお買い物をしてもらい、適正、正しい選択をしていただくことが一番の目的です。そのためには、販売員、店員の細やかな気配りや、ちょっとした気遣いが大切になります。今、現代は、何を選べば良いのか迷うほど、物があふれている時代です。ちょっとした接客サービスの差で、お客様は、「次に買うときもまたこのスタッフさん、店員、販売員にお願いしよう」という気持ちになります。リピーターになったお客様は、さらに新しいお客様を連れてくるかもしれません。

逆に接客サービスが徹底されていないと感じたとたん「もうこのお店にくるのはやめよう」と思うことになります。このように接客サービスの善し悪しで、お店に対する印象は、大きく変わります。そしてこの接客サービスを背負うのがスタッフ1人1人です。常に接客サービスの重要性を意識しながらお客様と接することが、店員、販売員、スタッフさんの重要な責務であることがとても大切ですので絶対わすれてはいけません。常に「お客様に満足してもらいリピーターになってもらう」ことを意識してお仕事していきましょう。