接客サービス向上に必要な意識!

お客様を満足させる接客サービスを行うためには、具体的にどのようなことをすればよいのか?                                           接客は人と人とのコミュニケーションです。 お客様がスタッフに求めているのは、誰にたいしても同じ態度で接する対応ではなく、「自分の為に心を配ってくれる」人間的なふれあいだと思います。                                      その為、接客には、マニュアルどおりのことをやっているだけでは、いつまでたってもお客様の心をつかむことはできません。マニュアルに書かれていない細かい部分を自分で判断し、お客様の心に積極的にアプローチしていかなければいけません。どのお仕事にも同じことがいえます。ある程度の教えでそれ以降は、その場その場を体験してスキルをつかみ自分でお客様満足度の高い技術をつかみとっていきます。 このように、接客サービスには、お客様が何を求めているのかという「洞察力」と、それに対して自分が何をしなければならないのかという「状況判断」が大変重要になってきます。                       この二つのポイントを身に付けるためにはどうすればよいのか?それなりの経験を積み重ねていけば自然と身について来るのか?大企業のチェーン展開している業態の接客業のお仕事で、マニュアルがあると思いますが、答えは「ノー」です。どんな職業にも言えることですが、ただ漫然と仕事をしているだけでは、いつまでたってもスキルは、身につきません。             例えになりますが、販売員の場合、常に次の事を意識しながら仕事に臨むことが、接客サービスの力を向上させる大前提になります。

①プロ意識をもつ

②商品、売り場に関する知識を備える

③お客様の立場になって考える

④すべてのお客様に公平に接する

⑤チームワークを大切にする

まとめの言葉ですが「洞察力」と「状況判断」が接客サービス向上の大きな決め手になる。です。