好感の持てる声の出し方

・声の大きさ、スピード、抑揚に注意する

正しい立ち居振る舞いができても、お客様に対する第一声が悪ければ、店のイメージはガクンと落ちてしまいます。お客様によい印象を与える声の出し方を身に付けるためには、次のようなことを日頃から意識する必要があります。

①声の大きさは適切か

小さな声は、聞きにくく自信がない印象を与えます。逆に、声が大きすぎても、まわりの迷惑になります。ほどよい大きさを自分なりにつかむことが大切です。

②話すスピードは早くないか

早口で話すと、落ち着きがない印象を与えます。とくに、「接客用語」などは何回も繰り返すうちに早口になってしまいがちなので、注意が必要です。

ただし、ゆっくりと丁寧な対応がよいかテキパキとした応対がよいかは、その場の状況によって違います。状況に応じた対応が求められます。

③声に抑揚がついているか

マニュアルをそのまま読み上げているような話し方では、こちらの誠意が疑われます。一本調子ではなく、アクセントのついた話し方でお客様への好意を表します。

④語尾を伸ばしていないか

たまに「いらっしゃいませぇー」「ありがとうございまぁーす」などと語尾を伸ばすスタッフを見かけます。これはだらしない印象を受けるので、はっきり最後まで発音することです。

話し方というのは、最初は気をつけているつもりでも、だんだん日頃のクセが出てきてしまうものです。自分のクセを先輩や同僚に聞くなど、積極的に悪い部分を見つけて直していけば、自然と好感を持たれる話し方がみにつくはずです。

・声の出し方をチェックしてみよう

①小さい声でボソボソとはなしていないか □

②早口になっていないか □

③抑揚がついた話し方をしているか □

④適切な「間」をとっているか □

⑤語尾を不自然に伸ばしていないか □

まとめの一言 「日頃から悪いクセを直すように心がける」