MONTH

2019年12月

  • 2019年12月30日
  • 2020年2月11日
  • 0件

注意が必要な言葉づかい①

☆若者言葉、あいまい表現はつかわない☆ 若者の間だけで通用する「若者言葉」や「あいまいな表現」は接客の場にはふさわしくありません。ここでは、お客様に不快感を与える言い回しを紹介します。 ①一応お預かりいたします→確かにお預かりいたします 「一応」「たぶん」などは、投げやりで責任感がない印象を与えます。ここでは「確かに」などと言い換えます。 ②こちらでよろしかったでしょうか?→こちらでよろしいでしょ […]

  • 2019年12月29日
  • 2019年12月29日
  • 0件

印象のよい話し方④

☆肯定的な表現で会話のイメージは180度変わる☆ 「すみません。これと同じ形で白いものってありますか?」お客様にこのような質問をされたものの、この商品の色は黒とシルバーしかありません。このような場合、あなたならどのように説明しますか? 「あいにく、白いお色はございません」いくらマジックフレーズを使って丁寧な言葉づかいをしても、否定的な言葉をズバッと使ってしまっては、お客様の心証を損ねてしまいます。 […]

  • 2019年12月25日
  • 2020年1月3日
  • 0件

印象のよい話し方⑤

☆上手な誉め言葉が親近感をアップさせる☆ 誉められてイヤな気分になる人は滅多にいません。自分のよいところを認められれば、誰だって嬉しく思い、心を開いていくものです。したがって、接客中も、お客様を積極的に褒めることが親近感アップにつながります。 お客様を褒めるときには、まず相手の長所を探すことから始めます。「背がお高いので何でも似合いますね」「すてきなバッグですね」など、お客様自信や身の回りのものに […]

  • 2019年12月17日
  • 2019年12月21日
  • 0件

印象のよい話し方③

マジックフレーズで会話の印象をグッとアップ お客様のご希望に沿うことができない場合や、お客様になにかを頼むときには、事実をそのまま伝えてしまっては相手に不愉快感を与える恐れがあります。 例えば、お客様が探している商品が売り切れだった場合、どのような言い方をしますか? 「そのお品は午前中に売り切れてしまいました。お取り寄せいたしましょうか?」どんなににこやかに説明したとしても、これでは少し冷たく感じ […]

  • 2019年12月14日
  • 2019年12月14日
  • 0件

印象のよい話し方①

☆命令的な表現は「お願い」に変える☆ お客様をレジに案内するときなど、よく「こちらにお並びください」という言葉を聞きます。 日本語として間違った表現ではありませんが、接客時の言葉づかいとしては不合格です。なぜなら、これは「こっちに並びなさい」という命令的な言葉を丁寧な表現にしただけだからです。 接客するときには、命令的な言葉づかいではなく「こちらにお並びいただけますか?」というように依頼的な表現を […]