売り場に出る前の準備②~お辞儀の仕方

☆三種類のお辞儀で印象をアップさせる☆

スタッフがいつも丁寧なお辞儀をする店は、きちんとした印象を与えます。

ただし、どんなときでも深々と頭をさげればよいというわけではありません。

商品を購入したときには「ありがとうございます」とできるかぎり丁寧なお辞儀をする必要がありますが、お客様に何かを頼まれたときなどは「はい、かしこまりました」と解釈する程度で十分です。

お辞儀にも状況に合わせた種類があるのです。

お辞儀の種類は、主に、ツギの3つにわけられます。

①会釈・・・・・軽い挨拶をするときのお辞儀。体を15度傾ける

②敬礼・・・・・ふだんから一番多く用いられる日常的なお辞儀。体を30度傾ける

③最敬礼・・・・・最も丁寧な挨拶をするときのお辞儀。体を45度傾ける

お客様に対しては、TPOに合わせ、心のこもったお辞儀を心がけてください。

まとめの一言、お辞儀1つで販売員のスキルがみえてくる

☆お辞儀をするときの流れ☆

背筋を伸ばしてきちんと立つ↓↓↓↓↓

相手の目を見て挨拶する↓↓↓↓↓

背筋から背中まで一直線になるように上体を倒す↓↓↓↓↓

体が曲がりきったところでいったん体を止める↓↓↓↓↓

ゆっくりと体をおこす↓↓↓↓↓

もとの姿勢に戻り、再びお客様を見る