接客時のクロージング

接客中、クロージングを自信を持って出来ていますか?

フロアーでお客様が悩んでる時にどういう風に声をかけたらいいか分からない・・。

こういう悩みを持っていませんか?

最初は中々難しいですよね。私も接客中散々悩んできました。

でも、経験を積むことによって、いくつかのポイントを見つけました。

クロージングにおけるポイントは3つあります。

・お客様が何に悩んでるかを知ること。

・お客様のタイプを知ること。

・言葉を選ぶ。

この3つです。

まずは、お客さんのタイプを知ること。

お客さんには3つのタイプがいます。

・即決タイプ

・普通に悩むタイプ

・とことん悩むタイプ

即決タイプは商品説明だけでも売れたりします。

買うか買わないか決断が早いです。

なので、クロージングが必要なのは、

普通に悩むタイプととことん悩むタイプです。

お客様によって効果的なクロージングは変わってきます。

まずはお客さんが何に悩んでるのかを聞き出しましょう。

例えば、お客さんが緑のサンダルを試着して悩んでる場合。

「緑はあんまり履かないですか?」とさりげなく聞き探りを入れます。

「履かないです」と言われたら、

「緑はアクセントにもなりますし、意外と色んなコーデに合いますよ。

今日のコーデ、服装にもあってますよね。」(鏡で見せる)

「とても可愛いです。」

「足元なら緑も取り入れやすいですよ」

「ジーンズスタイルもカッコよくなります」

とお客様が気になってそうなことを考えてクロージングします。

買わせよう!ではなく、お客さんの背中をそっと押すことをイメージしてください。

とことん付き合ってあげましょう。とことん悩むタイプのお客様は時間がかかりますが、時間がかかるほど、リターンも大きくなるので、とことん接客しましょう。

・着回しができる

・肌に馴染んでいる

・印象が柔らかくなる

・印象が明るくなる

・差し色になる(アクセント)

・組み合わせが可愛い

など、「これがいい理由」をしっかりと伝えましょう。

この3つのポイントを押さえて接客クロージングして経験を積めば、段々かかる時間が短くなっていきます、頑張りましょう!