接客

接客は、お客様に対するお店の姿勢や態度を明確に表したものです。お店の顔だと捉えることができます。接客がしっかりできていないお店はお客様のことも軽く見ていると言うことができます。心を込めた接客のお店はお客様とよりよい関係性を作っていこうという意思を持っています。

接客には、ただ単にお客様をお迎えするという行動、意義だけではなく、商品やサービスに対して付加価値を与えるという部分にも大きな意味があります。商品やサービス単体では、そのもの自体の価値以上に他のお店と差別化を行うことは難しい部分がありますが、接客をより良いものとしていくことで、商品やサービスに本来の価値以上の価値を付与することができます。


こうして接客の質を向上させていくことで、お店の経営自体にも良い影響を与えていくことが可能で、問題もすぐに見える化でき解消できます。飲食店などにおいて、お店の売り上げが伸び、リピーターが増えていくことで、売上に重要な役割を果たす常連客を獲得することにつながっていきます。

従業員の心得

従業員側の心得として、忙しい時であってもそうでない時でも接客の質を落とさないようにすることが鉄則です。お店が忙しい時には接客の質が低下してしまい、よくない対応を行ってしまいがちです。忙しい時であってもお客様一人一人に丁寧な対応を行うことが、従業員、アルバイトスタッフには強く求められます。

接客という行動から接遇へ!

オーナーは従業員の接客技術を向上させる事、お店全体の接客の質を高めていくことで、日に日に接客が接遇へと変化していくように働きかけていくことが大切です。接遇は接客と同じような意味にとられている言葉ですが、接遇の中にはお客様に対するおもてなしや、より心のこもったサービスといった意味合いが含まれています。接客のやり方次第では、想像以上の価値が得られます。

接客を丁寧に行うことで、お客様一人一人に対して接遇を行うことが少しずつできていきます。接客はいわば、接遇の入り口であり、心のそこからのおもてなしを実現するためには、接遇ができるようになっていくことが求められるのです。