接客のコツ!

意外と知らない?秘伝のコツとマナー!

接客がうまく行かない人、自分では上手くいっていると思っている人、もしかしたら知らず知らずのうちにやってしまいがちなマナー違反が多くあります。

また、ちょっとしたところを改善するだけで大きく成果が変わってくるコツがあります。

是非チェック↓↓↓↓↓↓

ムリに笑顔は作らなくていい

「接客は笑顔で!」

これは当たり前の常識です。無愛想な店員さんを見ると嫌な気分になりますし、笑顔で対応してくれると嬉しい気分になります。

しかし、自然に溢れ出るような笑顔はとっても気持ちいいですが、無理して作った笑顔や、終始笑顔でいること。必要以上のオーバーリアクションは逆効果な場合もあります。以下理解は、3つあります。

・売るのに必死な感じが伝わってしまう

・接客を分かっている人には笑顔を作っていることが分かってしまう

・買う気のない人にとっては重荷になってしまうかもしれない

自分がお客様になった時の感覚を思い出してみると想像しやすいです。接客もガンガン来られてしまうと、ちょっとこっちも引いてしまうことってありますよね?買う気のない場合は特にそうです。

また、アパレルショップは分かりやすいです。服を買いに行く時のほとんどはなにを買いに行くか決めていない場合が多く、ただなんとなく見るだけなのにガッツリ接客されてしまうと鬱陶しく感じてしまいます。

ただし笑顔が悪いわけではありません。素っ気ない態度をとるような塩対応をしろと言っているわけでもありません。どんなお客様にでもすんなり受け入れられる接客は「自然であること」これが一番大切です。

一部始終笑顔でいることは自然ではありませんし、その違和感が相手に伝わってしまいます。またムリをすればするほど不自然になっていきます。「店員」というイメージが強く出てしまいます。

店員=売りつけられるという先入観がありますが、フラットでいることで店員だということを忘れさせ、「別に買わなくてもいいですよ〜」という安心感と、「お客様にとってメリットがあるものだと思いますよ〜」という、ノルマのためでなく本当に相手のメリットを考えて純粋な感想を言っているような感覚を与えることが出来ます。

まとめの一言、お客様には、優しく接してワンクッションおいて対応をお願いします。