「話をしていて楽しい人」のこんな気配り

「話をしていて楽しい人」のこんな気配り

気がきく人、気配りのできる人というのは、必ず相手の心の中をきちんと読みとっている。そのために、「自分が相手の立場だったら」と常に考え、行動している。
かなり図太い神経の人でも、社交的な場では、人にしてもらいたいことを、してほしいとストレートにいうことはない。腕曲なかたちで自分の要望を人に知らせようと努力する。その一つの方法が、人にしてもらいたいことをその人に対してするというテクニックである。
典型的な例は、皆で酒を飲んでいる場で必ず見られる場面である。人に酒を注ごうとする人は、人に酒を注いでもらいたいと思っている人だ。その証拠に、注ごうとしている人の盃やコップは、まずは必ず空になっている。酒を注ごうと思っている相手の盃やコップは、必ずしも空ではないし、まだいっぱいになっている場合もある。暗に相手が自分にも注いでくれることを、要望ないしは期待している。自分の盃やコップが空になっている点に気づいてほしいと願っているのだ。社交的な会話の場合も同様である。相手がしてきた質問に対して、とうとうと答えただけでは十分ではない。それで相手の関心事に対して情報を与えたと思って、満足していてはいけない。その「相手の関心事」という点に注目する必要がある。すなわち、その質問の中にある話題について、他人のことに関して聞いたということは、自分に関しても聞いてほしい、 話したいという気持ちがあると考えてよい。
相手に同じ質間の「お返し」をする必要がある。すると、相手は話したいことが話せるので、気分が乗ってくる。話が上手な人、話をしていて楽しい人という印象を与える結果になり、会話も調子づいてくる。
レセプションやパーティーで特に初対面の人との会話においては、相手の話した内容の端々に引っかかっていけばよい。そのようにしていけば、話題は次々と出てくる。
また、会話が途切れないようにするためには、単にイエスかノーかで答えられる質問は避けるべきだ。例えば「東京は初めてですか」と聞いたのでは、イエスかノーの返事で話が続かなくなる可能性がある。「東京にはどのくらい頻繁にくるのですか」と聞けば、それに対する答えは少しは長いものにならざるをえない。
多少はくだらない話題だと思っても、そこから連鎖反応的に面白い話や、共通する関心事などの話が出てくる。話を続けるのがコツです。