新型コロナウイルス対策、必見!!!(日常編)

日常生活においてのウイルス対策を教えます!

店先での感染リスクは?

新型コロナウイルスは、感染者がせきをして、ウイルスを含んだ小さな飛まつを空気中に放出すると拡散します。こうした飛まつを吸い込んだり、飛まつが付着した物体の表面に触れたりすると、感染する可能性があります。
つまり、買い物に出かけたり、不特定多数の人と同じ空間を行き来したりすれば、そこに感染のリスクはあります。そのため、他人から少なくとも2メートル離れる「社会的距離」を保つことが非常に重要だ。多くのお店がこの距離の維持を強制している。ウイルス拡散にとって、スーパーは「理想的な環境」になり得ます。

多くの人が商品を手に取ったり戻したりする、レジのベルトコンベアやキャッシュカード、駐車場の券売機ボタン、ATMの支払いボタン、紙のレシートなどを触ったり渡したりしています。複数の人が近くにいるのは言うまでもありません。リスクを軽減する方法はいくつかあります!

・買い物の前後に、せっけんと水で20秒間手を洗う、またはアルコールを含んだ消毒剤を使う。

・物の表面が汚染されているかもしれないと想定し、ショッピングカートや買い物かご、商品のパッケージや農産物を扱った後は顔に触れないでください!

・現金やカードの受け渡しはしない。コンタクトレスな支払い方法を選ぶ、ペイペイなど!

買ったものはどうなのか?

新型コロナウイルスによる感染症「COVID-19」が食品を介して感染するという証拠はありません。徹底的に火を通せばウイルスは死滅します。

しかし、「リスクがゼロ」というわけではありません。特に、他人が手を使った包装が、懸念されます。
食品包装が特定のリスク要因だというデータはありません。しかし、気をつけるべき点はあります。
容器に入っていたり包装されている商品については、使う前に72時間保管するか、プラスチックやガラス製の容器に(指示通りに慎重に薄めた)漂白剤をスプレーして拭くという方法もあります。

包装されていない生鮮品の場合は、誰が触ったか分からないので、流水でよく洗い自然乾燥させる。
自宅へのデリバリーは安全?

業者が対応できる限り、自宅に配達してもらう方がスーパーマーケットに行くよりもリスクは低い。他の買い物客を避けることができるからです。一方で、食品やパッケージの表面あるいは配達員を介して感染する可能性はあります。
配達員にはベルを鳴らしたらドアから離れてくださいと、玄関前にメモを置いておくようアドバイスする。これで安全に1人で食べ物を受け取ることができます。
↑言い方が大切です。

物の表面に付着しているかもしれない新型ウイルスを除去するには、普通の家庭用漂白剤を薄めたもので、物の表面を拭くといいです。そうすれば1分以内にウイルスは不活性化します。

オンライン配達サービスの利用は、友人や知人に食料品を集めてもらうよりもリスクが少ないはずです。このパンデミック(世界的流行)の間は、ビニール袋の使用は1度きりにし、再利用しないようにしてください。

テイクアウトは?
国内各地では多くのレストランが、テイクアウト専用の営業に切り替えています。評判の良いチェーン店やきちんとしたレストランの厨房では、プロの衛生的な調理法を取り入れている可能性が高いため、調理されたばかりのテイクアウト用の食事から感染するリスクはほとんどないはずです。 ↑食品衛生責任者がいるからです。

容器からの汚染リスクを最小限に抑えるには、中身を(きれいな皿に)移し変えて、容器を空にしてゴミ袋に捨てて、食べる前に手をよく洗うのが有効です。

スプーンで容器から食べ物を取り出し、指ではなくナイフやフォークなどを使って食べるように!

冷たいものや生のものよりも、調理されたばかりの温かい食べ物を注文したほうがいいです。
適切に調理されて扱われている食事なら、調理済みの食事を避ける必要はないです。
また誰よりも用心深い人や、最も感染リスクのある弱者にとっては、慎重に用意され料理さた食事は安心です。

例えばピザの場合、念には念を入れて安心したければ、届いたものをさらに電子レンジで何分か加熱してもいいと思います!
食品衛生責任者の免許を持っているかたは、食中毒が死を招く責任をもってお客様に飲食を提供しているので、ウイルス、菌の扱い方は、プロだと思います!