気がきく人、きかない人、持ち時間を気にする癖をつけよう

公式のレセプションやパーティーでは、初めに主催者側の挨拶があり、次いで主だった客の祝辞があるのが普通です。その集まりの目的や趣旨については、参集した者にも大体わかっていますが、やはり公式性を前面に打ち出し、儀式の要素を強調するためには、念のために述べておく必要があります。
しかし、挨拶や祝辞が長々と続くと、うんざりした気分になります。趣旨に賛同し、祝おうとした気持ちも半減し、イライラしてくる。特に立食スタイルの会の場合は、直立不動の姿勢を長い時間にわたって保つことを強いられるので、話し手を憎む気持ちにさえなります。
祝辞については、その会を祝う気持ちを率直に述べれば、それで十分だと思います。何か気のきいたことをいおうと思ったり、自分自身の存在を印象づけようとしたりするから、つい話が長くなります。ましてや、自分に対して与えられた発言のチャンスと考えたりすれば、自分のいいたいことを纏々述べる結果になります。

焦点を常に主役である新郎新婦に当て続けて、最も印象的なことを話すのです。長々とした話ではポイントがわからなくなり、人の心に訴える力はない。自分を売り込む場ではないし、自分の才能や知識をひけらかす場でもないです。自分はどこまでも主役を引き立てる脇役に徹するべきである。ある結婚披露宴で、新郎の友人である落語家の卵が祝辞を述べた。面白おかしい話ではあったが、新郎とはあまり関係のない長々とした話であったので、心ある人たちは白々しい気分になりました。独りで調子に乗っただけで、祝辞というカテゴリーに入るものではなかったいずれにしても、祝辞は要を得て簡潔なのがいちばんだ。短く話そうと思ったらポイントを絞らざるをえない。そうすると自然に的を射た話になるはずです。そのほうが人の心に訴える力が大きい。
「長々とした物量」で迫るよりも、「簡潔な上質」を旨とすべきである。長々としゃべった人に限って、最後に「簡単ではありますが」といって断る人が多い。簡単であったら札を失すると思っている気配である。多分、「丁重」であることと「簡単」であることが相区すると考えている。が長くなると、人の集中力もついていけなくなる。 簡潔がよい、もう一つの理由である。

自分の「持ち時間」を計算する癖をつけよう

レセブション会場の入口や出口で、ホスト側が来場者の一人ひとりに対して、親しく挨拶をする場合があります。わざわざ出席するという厚情に対して、丁重に感謝の意を表明する礼儀正しい方式だしかし、一人ひとりといっても大勢なので、ゆっくりと話をする時間はない。ホスト側としては、大勢の人を相手にするのであるから、月並みな感謝の文句の繰り返しに終始する結果にならざるをえない。したがって、その単調さを破るためにも指待された側としては、ちょっと気のきいたことを簡潔にいう工夫を凝らすべきである。簡潔というのが絶対条件である。久し振りに顔を見て懐かしさが溢れ出るような相手でも、話が長くなってはいけない。大勢の人が自分の後に続いていることを念頭において、自分の持ち時間内に話を終えなくてはならない。一瞬立ち止まって目と目を合わせ、お辞儀ないしは握手をして、いうべきことを一息にいったら即座に通り過ぎるくらいの感覚である。

遠くから見ていたら、立ち止まったとは感じられない程度の時間内であり、大きな流れに乗った動きでなくてはならない。ちょっと話が長くなる人がいたら、その途端に人の流れは止まってしまう。前後の人の動きを観察しながら、自分に割り当てられた持ち時間を計算し、それ以上の時間を使ってはならない。長々と話したい気持ちも、頭を使えば、その思いを短い言葉の中に込めることはできる。茶道の中で使った道具のいくつかを、客が手にとって観賞できる場面がある。珍しい品であればあるほど、時間をかけて見たいと思うのが人情だ。ためつすがめつ見るのに没頭して、ほかの人のことが目に入らなくなる人もいる。しかし、優れた茶人の場合は、その茶会の全体の流れを十分に把握したうえで、その流れに自分の身を任せているので、自分が鑑賞する時間も長からず短からず、自然な流れのうちに終わる。大勢の人がいる場では、常に自分の持ち時間を計算したうえで、それに従って自分の言動を律する必要がある。さもないと、ほかの人の時間を奪って、迷惑をかけてしまう。一人の利己的な行為が、全体の大きな流れによどみをつくり、後味の悪い結果
をもたらす。

時間をきにすることは、気を使えることと一緒です!