気がきく人!必見!「新型コロナウイルス勉強編!」

「気が利きますね!」こう言われたら思わず嬉しくなりますよね!気が利く人がいると、ビジネスがスムースに進むだけでなく、職場の雰囲気も明るくなります。この記事では、気が利く人の5つの特徴について解説します!気が利く人になりたければ、明日から要実践ですよ!

【1】先回りして行動している

気が利く人は、次に起こることを予想して、先回りして行動しているものです。

例えば、営業先での重要な商談では、必要になりそうな資料を予想し持参、時宜に応じてサッとさりげなく差し出し、助けてくれます。

【2】「どうしたの?」と声をかけてくれる

気が利く人は、困っている人を助けるのが本当に上手。

物を探している人や腕組みをして悩んでいる人を見つけると、「どうしたの?」と自然に声をかけることができます。こう聞かれると、「いや、実は……」と会話が進むもの。

気が利く人が好かれるのはコミュニケーション上手という理由もあるのです。

【3】行動が早い

気が利く人は、気づくとすぐに行動を起こします。

一方、気が利かない人は、気づいても「誰かがやってくれるだろう」と思い、決して動こうとはしません。

【4】「ありがとう」を忘れない

気が利く人は、人への配慮を決して忘れません。「ありがとう」を基本に、「助かりました」「感謝しています」など時宜に応じた感謝の言葉を常に発しています。

「ありがとう」はコミュニケーションの基本です。感謝の言葉をもらうと嫌な顔をする人はいませんよね?気が利く人が好かれる理由の一端はここにあります。

【5】会話を注意深く聞いている

例えばクレーム電話。気が利く人は、電話の内容に耳をそばだて、内容を聞き漏らさぬまいと必死です。

通話が終わるや否や、気が利く人は、「どうしたの?手伝おうか?」とすぐにサポートしてくれます。

「気が利く人」になるにはどうしたらよいか?

「気が利かない」と思っている人は、まず【4】「ありがとう」を忘れない」を実践してはいかがでしょうか。「もうやってるよ!」という人もいるかもしれませんが、振り返ってみると案外できていないものです。

感謝の言葉は必ず相手の目を見て言いましょう。目を見ずにうつむきがちな姿勢で言うと、「この人、本当にそう思っているのかな?」と疑われることもあり、逆効果です。

気が利く人の特徴を知り、実践することで仕事もプライベートも充実させましょう!

その他、プライベートや、飲み会、ほかの場での気づかいを見てみます。

気が利く人の特徴4つ

1、その場の空気が読める

気が利く人の特徴として真っ先に挙げられるのが、「その場の空気が読めること」。

たとえば、飲み会で無礼講(宴会などの場で上司部下、先輩後輩といった上下関係を抜きにすること)の時に

「今日はどこまで気を抜いていいのかな」

ということを、雰囲気を見て判断できます。

これができないと

「無礼講って言ってるのに、遠慮しすぎ!」

「無礼講だからって、目上の人に失礼すぎ!」

といったトラブルに発展します。

空気の読める気が利く人は、自分がどうしたいかではなく、周囲をよく観察して自分がどう行動するか判断しています。

また、全体の雰囲気を見ているので、「飲み会なのにあの人だけ一人ぼっちで飲んでいる!」などと気がついたら、さりげなくその人に話題を振って輪に入れることも忘れません。もちろん、相手が迷惑がっていたら引くということもできます。

2、言われなくてもできる・準備がいい

何も言われていないけど先回りして準備が出きていると「気が利く人」だと評価してもらえます。

これは連想ゲームのようなものであり、

「あれが必要ってことは、これも必要だよね?」

「あれをやったってことは、当然次はこうだよね?」

という発想を持てるかどうかです。

とは言うものの、難しいことではなく、練習次第で誰でもできるようになってきます。

たとえば、恋人との公園デート中に彼の手が汚れてしまったために手を洗うというシーン。

あなたは「ハンカチをすぐに差し出せるようにスタンバイ」して、実際すぐ渡すだけで

「気が利くね!」

という印象を彼に持たせることができるでしょう。

3、配慮があってポジティブな物言いができる

仕事やプライベートの人間関係などで、思わず文句を言いたくなる行動を取ってくる人っていますよね。

「あなたの仕事が遅いから、私にしわ寄せが来てるんですけど! いい迷惑です!」

とか

「なんで私のメッセージにいつまで経っても返信しないのよ!? これじゃあデートの予定が立てられないじゃん!」

とか。

こういう風にはっきり言ってやりたい気持ちもわかるんですが、気が利く人はもっと相手に配慮した物言いをします。

そのほうが長い目で見ればメリットが大きいとわかっているからです。

「○○さん、仕事がきつかったら事前に相談してもらえると、2人でもっと効率よくできますよ! そしたら早めに退社してお茶する余裕もできるかも♪」

とか

「○○○○○くん、次のデートどうしようか? 返信ないところを見ると忙しいみたいだから、もし金曜日までに返信なかったら悪いけど、別の予定入れちゃうね! お仕事頑張ってください」

とか。

相手を責めるのではなく、「事前に相談してもらいたい」「返信なかったら別の予定を入れる」と相手に伝えて今後の方向性を示した上で、「お茶する余裕もできるかも(=明るい未来を想像させる)」「お仕事頑張ってください(=気を遣う優しい彼女)」というポジティブな一言も残しています。

こういうことができると相手も

「この人は自分の味方だ」

と思ってくれて心が打ち解けるので、どうしたら問題を解決できるか、一緒に考えることができます。ほら、メリット大きいですよね?

4、1~3の行動について「やってあげている」と思わない・見返りを求めない

1~3の行動をしていても、

「私がこれだけやってあげているのよ! 感謝しな!」

という態度を少しでも出してしまうと、一気に「気の利かない人」になってしまいます。

「これだけやっているんだから、あなたもこれだけ返しなさい」という姿勢でいると、あなたがどんなに親切なことをしても

「どうせ見返りを求めているのだろう」

「何か裏があるのでは?」

などと思われて台無しになってしまうのですね。

真に気の利く人は、自然体で1~3をやっているからこそ「気の利く人」だと評価されているとも言えるでしょう。

「気が利く人」の行動の影には「想像力」がある!

気が利く人の特徴を見ると、結局のところ行動に起こす前の「相手の心にどこまで近づけるか」という想像力が大事だということがわかります。

「上司は『無礼講』という言葉を使っているけど、本当はどこまで求めてるのかな」

「彼は手を洗っているから、当然次は手を拭くよね……ハンカチ準備しておこう」

「今よりも状況を良くしたいけど、相手に受け入れられやすくて私の印象も悪くならない言い方は何がベターだろうか」

という想像力です。

こういった場面でいつも「これがやりたい!」「こう言いたい!」という感情が上回ってしまったり、何も考えずにぼんやりしたりしては

「あの人は気が利かない人だな」

と評価されてしまいます。

もちろん、誰も最初から完ぺきになんてできません。しかし、いったん立ち止まって「相手はどうしたら喜ぶかな?」と考えるだけで、気が利く人への第一歩を踏み出すことができるでしょう。

あなたの想像力と気遣いによって相手の笑顔が増えてくると、「ああ、なんだこういうことだったのか」という手応えを感じるようになり、あとはごく自然に気が利く行動を取れるようになっていくはずです。

いかがでしたか?むずかしいかとは、思いますがこういう場面は、ふと突然やってきます。イメージトレーニングをして練習しておきましょう。