次亜塩素酸水の殺菌効果と人体に対する安全性「新型コロナウイルス感染症対策」



新型コロナウイルス感染拡大の影響により、消毒用アルコールや次亜塩素酸ナトリウムなど、新型コロナウイルスに対して有効な消毒薬が注目され、また品薄状態にもなっています。

そしてそれに伴って、新型コロナウイルスへの殺菌効果が期待でき、人体にも影響が少ない【次亜塩素酸水】についても注目が集まり、現在では多くの製品が販売されるようになりました。

そしてそれに伴って、新型コロナウイルスへの殺菌効果が期待でき、人体にも影響が少ない【次亜塩素酸水】についても注目が集まり、現在では多くの製品が販売されるようになりました。

しかし、中には正しい次亜塩素酸水の生成方法とは違った作り方をしているにも関わらず【次亜塩素酸水】として販売している製品があるのも事実です。

これらの次亜塩素酸水として販売されている水溶液は、物の殺菌には使えるものの、使用方法によっては、人体への悪影響が懸念される製品も存在するため、使用には注意が必要です。次亜塩素酸水の定義

新型コロナウイルスの感染拡大によるメディア報道などで、次亜塩素酸水の名前を初めて知った方も多いと思いますが、そもそも次亜塩素酸水は、厚生労働省からの指針により、食品衛生法で生成方法が指導されている食品添加物です。

そして厚生労働省は、食品添加物であり、その殺菌効果と安全性が確かな次亜塩素酸水を【食塩や塩酸を水に溶かして電気分解したもの】と定義しています。



新型コロナウイルスで今世の中でたくさんの除菌する商品が出ていますが、アルコール、次亜塩素酸、エタノール、などたくさんありますが、飲食店でお仕事した人ならわかると思いますが、例えばアルコールで、ノロウイルスは、消えません。次亜塩素酸などが効果的など、各種役目がちがいます。新型コロナウイルスは、いまだわからないウイルスですので、次亜塩素酸、アルコールを使うのが効果的だと思います。今自分が使っている次亜塩素酸がおすすめです。玄関や、持ち運び、いろんなところに置くのがぶなんでしょう。よかったら是非おすすめしますので、こちらを購入進めます。↓↓↓↓↓↓