Wi-Fiとはなんの略?wifiとは何か?

Wi-Fiの読み方

Wi-Fiは「ワイファイ」と読みます。無線で通信する端末がお互いに接続可能になる方式(規格)の名称です。現時点でのWi-Fi規格の主流は「11ac」(正式名はIEEE802.11ac)。これは「イレブンエーシー」「イチイチエーシー」などと呼ばれ、「Wi-Fi 5(ワイファイ ファイブ)」とも表現されます。

今後のWi-Fiは、次世代高速規格「11ax」(正式名はIEEE802.11ax)が普及して行くと考えられています。この新規格は「イレブンエーエックス」 「イチイチエーエックス」などと呼ばれ、「Wi-Fi 6(ワイファイ シックス)」とも表現されます。

無線LAN

無線LANとは、無線通信を利用してデータの送受信を行うLANシステムのことである。ワイヤレスLAN、もしくはそれを略してWLANとも呼ばれる。

外出先で

LTE通信の使いすぎで速度制限がかかった、あるいは電波が不安定で困った経験はありませんか?

小型で持ち運びができるLTEモバイルルータを使うことで、スマホのデータ通信量の節約が可能に。ビジネスや学習に必要なデータを送受信したり、動画・音楽・ゲーム・読書などを安定した通信環境で楽しめます。

Wi-Fiの仕組み

Wi-Fiルーターと、スマートフォンやPC、ゲーム機などWi-Fi対応端末があれば、それぞれの機器を相互接続し、インターネットに接続できます。

Wi-Fiルーター(親機)からは電波が飛び、その電波を子機が受け取ることで使用可能となっています。その電波は数十メートルは届くと言われ、自宅内やカフェの店内などの範囲内では、そのWi-Fiの機能が使えるということになります。

なお、Wi-Fiルーターがあるだけでインターネット接続できるわけではなく、まずはプロバイダーや回線事業者との契約が必要です。

Wi-Fiを利用できるスポット

カフェや空港、コンビニなど、街中でも多くの場所で、Wi-Fiを利用できます。ユーザー登録をして初めて使えるようになるWi-Fiスポットもあれば、提示されたパスワードを入力するだけで利用できるWi-Fiスポットもあります。

Wi-Fiルーターのある自宅

プロバイダーを契約して家にインターネット回線が通っている状態であれば、Wi-Fiルーターを設置してインターネット接続が出来ます。

例えばスマートフォンをWi-Fiで接続すると、パケットの通信量を大量に消費する動画のストリーミング再生も無制限で安定して視聴が可能になります。
またインターネット接続対応のプリンターがあれば、スマートフォンもしくはPCの写真を印刷したい時も、ケーブルなしで印刷できます。
最近のゲーム機はインターネット接続可能なものがほとんどで、そういったゲーム機にも利用できます。

公衆Wi-Fiルーターがある場所

ショッピングモールやカフェ、空港や駅など多くの人が集まるところにもWi-Fiスポットが存在します。その場所がWi-Fiスポットであるかは、Wi-Fiシールが貼ってあるかなどで判断することが可能です。またスマートフォンの場合、使用するキャリア限定のWi-Fiスポットも存在します。

FONがある場所

FONとは世界約150カ国のメンバーが利用していて、Wi-Fiスポットの数は世界で2000万箇所以上の世界最大級Wi-Fiコミュニティです。Wi-Fiをお互いに共有しあう事をコンセプトとしたコミュニティで、このFONルーターがある場所でもWi-Fi接続が可能となっています。

Wi-Fiを利用するメリット

Wi-Fiの概要や接続できるスポットが多くあるのがわかったところで、Wi-Fiを利用するメリットを説明していきます。

LANケーブルがいらない

Wi-Fiが現在のように多くの場所に普及する前では、PCをインターネット接続しようと思うとLANケーブルを直接PCに繋いで、インターネット接続しなくてはいけませんでした。しかし、Wi-Fiは無線でインターネット接続が可能なため、LANケーブルが必要ありません。
例えば家の中でタブレット、スマートフォン、PCを3台同時に接続するということも、Wi-Fiなら簡単に出来ます。

スマートフォンの通信速度が速くなる

スマートフォンはLTE/3Gなどの携帯電話用の回線を使用してインターネット接続が可能ですが、固定回線であるWi-Fiを利用した方が、基本的に通信速度が速くなり、長時間のインターネット接続も安定して行えます。

Wi-Fiを利用する際の注意点

自宅でWi-Fiを利用する時は、パスワードを知っている人しか利用できず、パスワード漏洩などが起こらない限りは比較的安全です。

しかし公衆のWi-Fiスポットは、誰でも利用する事ができるので、通信内容がのぞき見されてしまう可能性があります。そのため公衆のWi-Fiスポットでは、クレジットカードを使用するオンラインショッピングや、大事なデータのアップは避ける、ウイルス対策ソフトをインストールしておくといった対策をしていた方が良いと言えるでしょう。

街中でもWi-Fiを利用できる場所は多くあり便利ですが、セキュリティには注意が必要です。また自宅にWi-Fiルーターを設置すればインターネット接続可能な機器にワイヤレスで接続できるので便利です。以上Wi-Fiについてわからないことがあれば上記を参考にしてください。