飲食店の接客用語ウソ・ホント。“ご注文はお揃いでしょうか”は誤り?

飲食店でリピーター客を増やすためには質の高い接客が必要不可欠。どんなに料理が美味しくても、接客が悪ければ固定客はつきません。心のこもった接客で、コツコツとファンをつくり続けることが大切なのです。

そこで注意したいのが接客の際の言葉遣い。せっかく真心をこめて接客をしても、言葉遣いが間違っていれば台無し。お客様によっては、“この店はちゃんとスタッフ教育をしているのかな?”なんて感想を抱くかもしれません。そこで今回は、接客用語の正しい使い方をご紹介。何気なく使用していた接客用語が、じつは誤りだった……。そんな言葉をいくつか集めてみました。

間違いやすい敬語の落とし穴

接客用語の誤りで最も多いのが、敬語の使い方です。敬語だと思って使っていた言葉がじつは敬語ではなかったり、謙譲語と尊敬語を間違えて使用していたり。些細な誤りかもしれませんが、サービススタッフとして働いている方は、プロとしての自覚を持ち、正しい言葉遣いを身につけたいものです。

では実際にはどのような誤りがあるのか? 具体的に見ていきましょう。

「ご注文はお揃いでしょうか?」

「お揃い」が料理に対して用いられている敬語であるため誤り。正しくは「ご注文の品は、以上でよろしいでしょうか?」。この際、「よろしかったでしょうか」という表現を使用しがちですが、過去形のため間違った表現になります。

「先にお越しになられたお客様」

「お越し」と「なられた」の二重敬語になっているため誤り。「先にお越しになっているお客様」が正解です。

「ご予約の○○様でございますか?」

「ございます」は、物に対して使う丁寧語です。「こちらがメニューでございます」といった用法は正しいのですが、人に対して敬意を表す際には「ご予約の○○様でいらっしゃいますか」と言いましょう。

「〜円からお預かりします」

お会計の際に自然と使われることが多い言葉遣いですが、こちらも誤り。「から」は必要ありません。「5,000円お預かりします」という言い方が正解です。

「駐車場は右手になります」

「〜なります」という表現は、敬語のようで実は敬語ではありません。正しくは「駐車場は右手にございます」。同じように「お会計は3,000円になります」も誤りです。「3,000円でございます」と正しい敬語表現を使いましょう。

「お名前を頂戴できますか」

入店時の予約確認や、クレジットカードの領収書にサインが必要な際に言ってしまいがちな誤り。「頂戴する」は、本来は名刺を相手から受け取る際などに使う敬語で、接客用語として用いるのはNGです。正しくは「お名前を伺ってもよろしいでしょうか」になります。

「お求めやすくなっています」

相手の行動「求める」を尊敬語にすると、「お求めになる」という言い方をします。お買い得商品などを勧める際は、「お求めになりやすいギフト商品です」という使い方をします。

「どうかいたしましたか?」

「いたす」は自分の行動に対する謙譲語として使うので、この用法は間違いです。相手の行動に敬意を表す場合は「なさる」を使います。「どうかなさいましたか?」が正解です。

「窓際の席にお座りください」

「お座り」という敬語が、犬への命令語のように感じてしまう人もいるため、「お掛けください」のほうが接客用語として相応しいと考えられています。

「追加の取り皿は大丈夫でしょうか」

「大丈夫」という表現は、幅広い場面で使いやすく接客の中でもついつい口に出してしまいがち。「大丈夫」は人によって受け取り方が違うという問題が起こるため、お客様に対して使うのは避けましょう。「追加の取り皿はいかがでしょうか」が適切な表現です。

接客用語の誤りは、なんとなく言いやすい表現や、なんとなく丁寧な気がするから……という「なんとなくの接客」により発生します。普段使い慣れている接客用語は本当に正しいのか? 一度、スタッフ同士で話し合ってみてはいかがでしょうか。