ビジネスマナーの基本を知って、恥ずかしくない応対を心がけましょう

社会人が知っているべきビジネスマナー。挨拶や身だしなみなど、場面に応じて適切なルールを理解し、適切に使い分けることが必要です。ビジネスマナーの基本を知っておくことで、お客さまや仕事相手によい印象を与え、ビジネスそのものをスムーズにすることができるのです。ここでは、知っておくべきビジネスマナーについて詳しく紹介します。

そもそもビジネスマナーとは

ビジネスマナーは、直訳すると「仕事における礼儀作法」です。ルールではないので、守るべき規則ではありませんが、相手を思いやり、敬意を示すために社会人が自発的に行う必要があります。面識がなく、様々な年齢や性別、価値観を持った仕事の場面では、ビジネスマナーにのっとり仕事をすることで、信頼関係を構築することができるのです。

ビジネスマナーを知らないと恥ずかしい?

社会人としての身だしなみや言葉遣いが適切でなければ、ビジネスパーソンとしての信頼度は欠けてしまいます。逆に、ビジネスマナーに沿った対応であれば、顧客からの評価が上がるだけでなく、会社自体もよい評価をしてもらうことがあるのです。人を思いやる接客により、顧客からの信頼を得ることができ、契約や購買につながります。学生であれば、ビジネスマナーを知らなくても許されるかもしれませんが、社会人で仕事をしていく上で知らないと、恥ずかしい思いをすることもあるのです。

初対面や多くの人と会う機会がある社会人にとって、挨拶は欠かせません。笑顔で挨拶をすることによって、その後の会話もスムーズになり、明るい印象を与えることができます。ただ挨拶をするだけではなく、相手の目を見て元気に伝えることが重要です。ぶっきらぼうな応答では、たとえ挨拶をしていてもかえって相手に不信感を与えてしまいます。普段から相手を問わずに積極的に挨拶を心がけていれば、自然に挨拶ができる姿勢が身につくでしょう。

身だしなみを整えるということは、ビジネスマナーの中で重要なことの一つです。汚れやシワがないスーツやシャツを着用することで、清潔感が出ます。自分の好きなおしゃれと違うものであっても、ビジネスの場面ではどんな人にも好印象を与えることができる、整った服装をすることが必要です。きちんとプレスされたスーツを着用することで、誠実な印象を与えることができます。メイクに関しては、職種にもよりますが、控えめなメイクとシンプルで清楚な服装をすると、相手によい印象を与えることができるでしょう。初対面の場合には、数秒でその印象が決まってしまいます。身だしなみが整っているだけで、相手にマイナスのイメージを与えることはなく、ビジネスの本題に入ることができるのです。

最低限要求されるビジネスマナーの基本項目

ビジネスマナーは多くの項目がありますが、基本となる言葉遣いや身だしなみを守っておくことが重要です。ここでは、社会人が知っておくべき言葉遣いと身だしなみについて紹介します。

言葉遣い

ビジネスの場では、地位や年齢が異なる人達と会話をすることがあります。そのような時に友達と話すような話し方で会話をしたら、人によっては無礼と思われ、仕事のきっかけを失うことになりかねません。仕事では、たとえ相手が年下であっても相手に敬意を示すことが必要で、正しい敬語、謙譲語、丁寧語を使いましょう。たとえば、「見る」は尊敬語で「ご覧になる」です。丁寧語では、「見ます」になり、お客さまに「ご覧になりますか?」というべきところを「見ますか?」と言ってしまったら、それは誤りになります。正しいと思っても間違った表現を使っていたというケースも多いので注意が必要です。よく使う言葉は、改めて正しい敬語かどうか確認しましょう。

身だしなみ

清潔感があるかどうか、社会人にふさわしい上品さが伴っているか、ビジネスの場面にあっているかどうかの3点は、身だしなみを整える上でチェックしたいポイントです。髪や爪の長さ、服装など誰が見ても清潔感を感じるように整えなければなりません。汚れやシワなどは、その人のだらしなさを表してしまいます。ビジネスでは、相手のことを考え適切に準備しましょう。社会人にふさわしい上品さは、サイズ感や落ち着いた色目を意識することで生まれます。整ったスーツや制服を着ることで、相手にきちんとしたよい印象を与える可能性が高まります。ジーンズやカジュアルすぎるアイテムは、ビジネスの場では相応しくありません。周りがスーツを着ている場面で、一人だけジーンズだとしたら浮いてしまうでしょう。カジュアルな服装が認められている会社であっても、オフィスカジュアルのような一定のルールを設けていることがあります。スーツを着用しない場面では、それがビジネスの場面で相応しく、相手にどのような印象を与えるかを考えて服装を選ぶことが重要です。

身につけたいビジネスマナー

身だしなみや挨拶など、社会人が身に付けておきたいビジネスマナーは多くあります。ビジネスマナーを知っているだけで、相手とのコミュニケーションを円滑にし、仕事を成功させるステップにつながるのです。ビジネスマナーの基本を学ぶために、より身につきやすいマナー講習会へ参加する社会人が増えています。ご自身で身に付けたビジネスマナーを確認したい方や基礎から知りたい方は、セミナーに参加するのもおすすめです。