「免疫力を上げる」飲み物ランキング

【1位】緑茶

「緑茶にはポリフェノールの一種であるカテキンが何種類も含まれていますが、なかでもエピガロカテキンガレート(EGCG)には、インフルエンザウイルスやおそらく新型コロナウイルスに対しても“抗ウイルス作用”があります。EGCGは低温よりも、80℃くらいの湯温で最も抽出されやすい。ただし、粉末の煎茶なら低温でも問題ありません。逆に沸騰したお湯のように80℃を超えるとEGCGが壊れてしまう恐れがあります」

 緑茶は少し冷ましたお湯でいれる――は大正解なのだ。

「30分に1回ほどのちょこちょこ飲みで血液やリンパ液などの流れがよくなります」

 インフルエンザやかぜ予防のために「緑茶うがい」を習慣づけている人もいる。

「茶カテキンによるうがいは非効率的。緑茶を“ちょびちょび飲む”方が効果的です」

【2位】紅茶

「紅茶ポリフェノールの“テアフラビン”が、ウイルスの感染力を弱めます」

「ミルクを入れてしまうと、ウイルスにはたらく紅茶ポリフェノールがたんぱく質に取り込まれてしまい、機能しなくなってしまうので、ストレートかレモンティーで」

【3位】りんごジュース

「皮にはビタミンAが豊富。皮ごとジュースにするのがおすすめです」

体の冷えに注意。体温が下がると免疫力も下がる

 せっかく免疫力を高める食品を摂るように心がけても、免疫力を低下させるものを食べていたら、効果は台無しになる。

「特に注意すべきは、体の冷えです。冷たいものを摂りすぎると、体温が下がり、免疫力も下がるので要注意」

 また、コーヒーのようにカフェインの多い飲み物は、ホットでもアイスでも飲みすぎは禁物。カフェインを過剰摂取すると、血管が拡張し、深部体温の放熱が進み体温が下がりやすくなる。