営業力を高める6つの話し方「良い例・ダメな例」を徹底比較

あなたは、売れる営業と売れない営業の違いは何だと思いますか?

トップ営業ほど、お客様の心を掴み、動かします。
その結果として、以下のように言われますね。

  • 「もっと話を聞きたい」
  • 「他の営業とは違いますね」
  • 「あなたから購入したい」

逆に売れない営業ほど、お客様がストレスを感じ「もういいです」とお断りをいただきます。
このような違いをつくるものは何でしょうか?

1.「営業力を高める」話し方

話し方一つでお客様の反応が変わります。
売れる営業と売れない営業の違いで、大きなウエイトを占めるのが話し方です。
何を目的にして、どのように話すかで、お客様に伝わるものが変わります。

そこで初級編であるこの記事では、まずは知っていただきたい話し方を紹介します。

【営業力を高める話し方】①信頼を得る話し方

信頼関係を築くことを目的としています。
お客様が「営業の話に耳を傾けるかどうか?」「営業の話を信じるかどうか?」は、信頼関係を築けているかどうかに左右されます。

そのため、お客様からの信頼を得て、好意的・肯定的な気持ちを向けてもらえるようにします。②本音を聞き出す話し方

お客様を知るために本音を聞き出すことが目的です。
最終的に成約できるかどうかは、どれだけお客様を知り、お客様にあった言葉やメッセージを発信できるかです。

そのため、聞くことを中心にして「お客様自身」「ニーズや欲求」について、理解・共感できるようにヒヤリングをします。

結果的に「お客様を知る」「より深い信頼関係を築く」「お客様の購買欲求を高める」という3つのメリット得ることができます。③説得力を高める話し方

説得力のある話し方により、商品・サービスの価値をわかりやすく伝え、心に響かせることが目的です。

お客様が「分かりやすい」「魅力的」と感じるようにしていきます。
それを実現する基本は、話の構成や順番にあります。