コロナ対策で自宅の消毒にスプレー式を使わない方がいい理由

新型コロナウイルスの感染者拡大を受け、いま日本中が「自粛」のさなかにあります。事態の収束には、1人ひとりが正しく予防し拡大を防ぐ行動が不可欠でしょう。しかし、コロナ対策については日々様々な情報が飛び交い、その正誤判断が難しい現状です。

ドアノブなどを消毒するときはどうやるのが正しい?

家のなかで感染するリスクを下げるには、手で触るものを消毒しておくことが大切です。このとき、スプレー式のアルコール消毒液をプッシュする方法と、塩素系漂白剤を薄めた消毒液で拭く方法があるのですが、どちらのほうが感染リスクを下げられるのでしょうか?

 たしかに手軽な方法は、ボトルに入ったスプレー式のアルコール消毒液をプッシュすることでしょう。しかし、スプレーで噴霧すると、その勢いによって、付着していたウイルスが飛び散ってしまう可能性があります。例えば、ドアノブにプッシュした場合、ドアノブ自体はきれいになっても、ウイルスが周りのドアや床などに飛び散って汚染されることが考えられるのです。

 家のなかを消毒する場合は、食器の茶渋を取ったり、まな板の消毒をしたりするときに使う塩素系漂白剤の出番。水で薄めて消毒液を作り、ペーパータオルなどに十分含ませてから消毒し、そのあとで水拭きするようにしましょう。

消毒液は作り置きしても効果があるのか

先ほどの解説の中にも登場した塩素系漂白剤の消毒液ですが、すぐに使えるように作り置きしておくのがいいのか、あるいは消毒するたびに新しく作るのがいいのか。より有効な消毒の仕方はどちらでしょうか?

 塩素系漂白剤の作用は非常に強力なので、市販の商品を原液のままでは使いません。消毒に適した次亜塩素酸ナトリウムの濃度は0.05%以上なので、この濃度になるように使う前に水で薄める必要があります。

 なかには、消毒するたびに薄めるのは面倒だからと、希釈液を多めに作っておく人がいるようですが、時間がたつにつれて効果が薄れていくので、作り置きはしないほうがよいでしょう。

 消毒液の作り方にも注意が必要です。行政などのホームページには、ペットボトルのキャップ1杯分(5ml)を500mlの水で希釈すると書かれたものがありますが、じつはメーカーや商品によって原液の濃度は異なっています。薄め過ぎたら消毒の効果が低下してしまうので、商品パッケージやホームページをよく見て、正しく希釈して使うようにしましょう。

布マスクを安全に再利用する洗い方とは

全世帯に2枚届けられる“アベノマスク”。こうした布マスクは繰り返し利用することが可能ですが、誤った洗い方をすれば、逆に感染リスクが高まる可能性があるので要注意!

 洗い方の正解としては、洗剤で洗って、さらに塩素系漂白剤で消毒がベストです。まず水を溜め、衣料用洗剤を使用量の目安に従って溶かして、布マスクを10分浸します。もみ洗いはNGで、繊維を傷めないように、軽く押し洗いする程度にとどめるのがポイント。

 それから水ですすぐと汚れは取れますが、まだウイルスが残っている可能性があります。そこで、できれば塩素系漂白剤の希釈液に10分浸してください。使い方の表示などを見て、次亜塩素酸ナトリウムの濃度が0.05%以上になるように希釈して消毒しましょう。その後、しっかりすすいで陰干しすれば、安心して使うことができます。

注意したいのは、清潔さを保たないと雑菌がはびこって、逆にトラブルを引き起こす可能性があることです。布マスクをつける人は、不織布のマスクをつけたり外したりする人よりも呼吸器疾患になりやすい、というイギリスの研究もあります。布マスクは使うたびに必ず洗うようにしましょう。

感染が疑われる家族とは洗濯を分けたほうがよいのか

万が一、感染が疑われる家族と生活する場合、家庭内感染を防ぐための対策が必要となります。たとえば、感染が疑われる家族の衣類もいっしょに洗濯してもいいのでしょうか。それとも、別々に洗わないと感染リスクが高くなるのでしょうか。

 実は、別々に分けて洗濯する必要はありません。洗濯では洗剤に加えて大量の水も使うため、たとえ衣類にウイルスがついていたとしても、洗い流されてなくなると考えられています。

 衣類だけではなく、感染が疑われる人が使った食器や箸、スプーン、フォークなども同じです。食器洗い用の洗剤を使って通常の洗い方をしても問題ありません。

 ただし、洗濯や洗浄する前の衣類や食器は、ウイルスがついている可能性があるので、むやみに触るのは厳禁です。トイレや洗面所などのタオルについても、感染が疑われる人は家族とは別のものを使うようにしましょう。

 新型コロナウイルスの感染を少しでも抑えられるよう、個人が日々の暮らしの中でできる「正しい」予防を心がけましょう。