優しい人は、できるだけ相手の都合に合わせる。

優しい人になるための条件の1つ。

それは、相手の都合に合わせる習慣です。

人間関係では、2人で取り決めをする場面があります。

2人で何かを決める場面では、2人で話し合うことになるでしょう。

もちろんビジネスなら、一定の慣習が存在します。

取引や請負など、立場に明確な上下関係がある場合、立場の低い側が高い側に合わせるのが一般的です。

円滑な関係を続けるためにも、余計な摩擦があってはいけません。

取引を長く続けるためにも、立場の低い側が高い側に合わせるのは、ビジネスの慣習であり、自然の範囲です。

しかし、あくまで日常の範囲なら、もう少し自由で寛大な対応を心がけたい。

たとえば、2人で予定や段取りを決める場面です。

相手の都合を無視して、一方的に自分の都合を押し付けるのはよくありません。

強引に自分の都合を押し付けると、摩擦や不快感が生まれ、人間関係がぎくしゃくするでしょう。

相手は「わがままな人」「自分勝手な人」「心の冷たい人」という印象を受け、がっかりするに違いありません。

小さなことかもしれませんが、人間関係に摩擦が生まれ、不仲の原因になります。

優しい人になりたいなら、できるだけ相手の都合に合わせるようにしましょう。

余裕のある一言で、相手の都合を優先します。

「そちらのご都合に合わせます」

「すべてあなたの判断にお任せします」

「もしご都合が悪くなれば、いつでもおっしゃってください」

どうしても自分に都合があるなら仕方ありませんが、できるだけ相手の都合に合わせるようにしたい。

相手の希望を受け入れる姿勢があると、優しさを表現でき、相手から喜ばれるでしょう。

たとえ自分のほうが高い立場であっても、プライベートならできるだけ相手の都合に合わせたほうがスムーズです。

相手は自分が尊重されていることを実感できるので、嬉しい気持ちになるでしょう。

自分の都合より相手の都合を優先させたほうが、摩擦は小さくなって、円満な人間関係が実現します。

「自分に対する挑戦」という考え方をすれば、難しい調整であっても、前向きな気持ちで頑張りやすくなるでしょう。

相手のわがままに応えていくことで、自分も成長できます。

優しい人は、自分にも優しい。

人に優しくなりたいなら、まず余裕が必要です。

自分のことでいっぱいいっぱいの状態では、人に優しくしたくてもなかなか難しいでしょう。

すでに自分が疲れ果てているとき、人の力仕事を手伝うのは難しい。

いらいらして感情的になっているとき、人に優しく接するのも難しいでしょう。

自分が大きな問題を抱えているのに、誰かの問題解決を手伝うのは、非現実と言えるでしょう。

余裕があるから、人に優しくすることができるようになります。

では、余裕を作るためにはどうすればいいのか。

それは、まず自分に優しくなることが大切なのです。

自分に優しくできない人が、人に優しくできるはずがありません。

優しい人は、自分にも優しいのが特徴です。

たとえば、疲れたときです。

欲張る気持ちがあると、もう一踏ん張りをしたくなりますが、限界を無視して体を酷使するのは不健康です。

人間は、肉体にも精神にも限界があります。

疲れたときは、無理をせず、素直に休憩しましょう。

自分に優しくするから、体力がスムーズに回復して元気も出せるようになります。

日常でいらいらすることがあったとします。

いらいらしたままでも生活は送れますが、少なくとも心に余裕があるとは言いがたい状況でしょう。

理性と自制心が失われているときは、自分らしくない行動をしやすくなります。

物に当たって、壊してしまうかもしれません。

人に暴言を吐いて、喧嘩に発展してしまうかもしれません。

注意が散漫になって、仕事のミスも発生しやすくなるでしょう。

こうしたときは、適度に気分転換をするのがいいでしょう。

散歩・ウォーキング・ランニング。

読書・映画鑑賞・音楽鑑賞・マッサージ体操。

上手に気持ちを落ち着かせることができれば、心にゆとりが生まれます。

心身が軽くなり、人に優しくする余裕も出てくるでしょう。

難しい問題を抱えて、悩んでいるときがあるとします。

自分の力で頑張れば、解決できるかもしれませんが、思うようにいかず、時間がかかることもあるでしょう。

問題解決に挫折することもあるかもしれません。

こうしたときは、1人で問題を抱え込まず、プロや専門家に相談するといいでしょう。

1人で考えてわからないことでも、プロや専門家に相談すると、あっさり解決方法を見つけられることがあります。

まず自分に優しくなること。

そして、心身ともに余裕を作ることが大切です。

自分を優しくいたわるからこそ、心身に余裕が生まれます。

余裕がなくて困ることはあっても、あって困ることはありません。

生活を忙しさで満たすより、少しくらい暇を作っておくほうが健全です。

結果として、人に優しくする余裕も出てくるようになります。