顧客満足度(CS)向上の成功、今すぐ売上につながる施策とは?

思ったとおりに売り上げがあがらないな…と悩んでいる方に、まずは1つだけ考えていただきたいことがあります。それは、 あなたの店舗や企業では、サービスや商品で顧客に心から満足してもらえているか? ということです。

もし自信をもってYESといえないのであれば、企業として顧客満足度の向上になるべく早く取り組むべきでしょう。

そう、店舗や企業にとって「顧客満足度(CS)」の向上は非常に重要な位置づけのテーマであり、近年の店舗・企業の売上の向上においては絶対に不可欠な要素です。

ただ多くの方がそれを認識しつつある一方で、実は顧客満足度向上のメリットや、売上向上にいたるまでの仕組みがわかっていないという方も少なくはありません。

また、顧客満足度の重要性を理解していても具体的なCS向上施策におとしこめていないケースもありえるでしょう。この記事では、そんな方々に参考にしていただきたい、顧客満足度を高める意義や成功の事例を紹介していきます。

顧客満足度(CS)とは?

顧客満足度は何か?というと商品やサービスに対して、顧客がどれだけ満足しているかを数値で表した指標です。

顧客満足度は英語で「Customer Satisfaction」と表記され、略して「CS」とも呼ばれています。店舗や企業が集客を目指す際には、提供側の目線ではなく何よりもお客様目線でマーケティングをしなければいけませんので、顧客満足度は顧客優先の為のマーケティングの成功を図る指標ともいえるでしょう。

なぜ顧客満足度の重要性が語られるようになったのかというと、品質や価格だけで顧客に訴求するのでは、売上につながりにくくなっているからです。

全てが間違いではもちろんありませんが、こんな風に品質や価格をただ顧客にアピールをしていても、ライバル商品との差異は伝わりにくいといえます。

また、単純な価格競争に持ち込もうとすると本末転倒で、店舗や企業の肝心な利益が広告などの費用により減少しかねません。

そこで、自社の顧客満足度を調べて顧客に対して効率的に集客を行う店舗が増えてきました。また、運営面での無駄をなくし顧客に評価される商品やサービスを企画するうえでも顧客満足度は役立ちます。

たとえばですが飲食店なら、顧客満足度調査から評価の低いメニューは広告排除し、売り上げアップに貢献できる評価の高いメニューのプロモーションに力を入れるということが可能です。

つまり顧客満足度は店舗や企業の売上と密接な関係を持っているデータなのです。顧客満足度の向上=売上げアップという利益を企業にもたらすといえるでしょう。

顧客満足度まとめ

  • 顧客がどれだけ満足しているかの指標
  • 顧客に対して効率的なマーケティングを行うために必要
  • 商品やサービスを企画する上でも役に立つ
  • 顧客満足度の向上=売上げアップをもたらす