CATEGORY

気配り、気の使い方が上手になるには!

気配りが上手になるためには、どうすればいいのかをおしえていきます。

  • 2020年4月27日
  • 2020年4月29日
  • 0件

気が利く人とは?を考えてみましょう。「新型コロナウイルスにて勉強編」

気が利く人になりたいと、思った事はありませんか? そもそも、気が利く人とはどんな人なのでしょうか?この質問に答えられる人は、きっと周囲に気の利く人がいるのでしょう。 気が利く人がいるだけで、職場の雰囲気が良くなるという意見もあるほど、気が利く人と言うのは必要とされています。 タイミングがいいのかもしれませんが、その人は、空気が読める以上の目を持っているのかもしれません。 そんな、気が利く人の特徴を […]

  • 2020年4月27日
  • 2020年4月28日
  • 0件

気がきく人、気が利かない人、とは「新型コロナウイルス対策の勉強編」

いつも自分のことでいっぱいいっぱいになって、お客様のことを見ておらず、そのせいで怒らせることもしょっちゅうありました。飲み会の席でもそう。まったく、周りをみていないので、「動きが鈍い」「気がきかない」と、そこでも怒られてばかりいました。その職場でよく訓練してもらったおかげで、今は多少「気がきく」人間になれたと思っています。気がきかない人と気がきく人、その違いはどこにあるのでしょうか? 気がきかない […]

  • 2020年4月26日
  • 2020年4月27日
  • 0件

お気遣い、お心遣い、「新型コロナウイルスにて勉強編」

■「お気遣い」「お心遣い」とは 「気遣い」の意味は、「あれこれと気を使うこと」「よくないことが起こるおそれ。懸念」で。「お気遣い」の意味として相応しいのは前者の方です。「使う」には「頭脳・神経などを働かせる」という意味があることから、「気遣い」は「神経を使って相手に何かをしたり、発言したりすること」を言います。 一方、「心遣い」の意味は、「あれこれと気を配ること。心配り。配慮」「祝儀。心付け(贈答 […]

  • 2020年4月25日
  • 2020年4月26日
  • 0件

気がきく人が必ずやっていること。「新型コロナウイルスでお休みの方へ」

そもそも、気が利くの意味とは? まずは『気が利く』という意味について。何となく使っている言葉ではありますが、実際は気が利くという言葉にどんな意味が込められているのでしょうか。 「気が利く」とは、辞書によると細かいところまで注意が及ぶことを指します。つまり、気が利く人は、他人が気付かない事柄にいち早く気づき対応できる特徴がありますよ。 例えば、食事デートで相手のドリンクがなくなっているときなど、他の […]

  • 2020年4月25日
  • 2020年4月26日
  • 0件

気がきく人!必見!「新型コロナウイルス勉強編!」

「気が利きますね!」こう言われたら思わず嬉しくなりますよね!気が利く人がいると、ビジネスがスムースに進むだけでなく、職場の雰囲気も明るくなります。この記事では、気が利く人の5つの特徴について解説します!気が利く人になりたければ、明日から要実践ですよ! 【1】先回りして行動している 気が利く人は、次に起こることを予想して、先回りして行動しているものです。 例えば、営業先での重要な商談では、必要になり […]

  • 2020年4月24日
  • 2020年4月24日
  • 0件

気がきく人、きかない人、持ち時間を気にする癖をつけよう

公式のレセプションやパーティーでは、初めに主催者側の挨拶があり、次いで主だった客の祝辞があるのが普通です。その集まりの目的や趣旨については、参集した者にも大体わかっていますが、やはり公式性を前面に打ち出し、儀式の要素を強調するためには、念のために述べておく必要があります。しかし、挨拶や祝辞が長々と続くと、うんざりした気分になります。趣旨に賛同し、祝おうとした気持ちも半減し、イライラしてくる。特に立 […]

  • 2020年4月21日
  • 2020年4月22日
  • 0件

お家で勉強!必ず打ちとける「目線の魔術」、「絶対にしてはいけない」携帯電話の使い方!

小さな子供に話しかけるとき、立ったまま見下ろすような姿勢でしたのでは、きちんとしたコミュニケーションは成立しない。一方的に上から下へという威圧感が、子供を無意識のうちに抑えつけているからである。コミュニケーションは対等の足場に立ってのみ可能である、という原則が忘れられている。まず、物理的に対等な状態をつくり出さなくてはならない。すなわち、子供に対しては膝を折って姿勢を低くして、目線の高さを同じにす […]

  • 2020年4月21日
  • 2020年4月21日
  • 0件

つい口が滑ってしまったとき、どうする?

いってはいけないことを、つい口が滑っていってしまうことがある。うっかりして、相手の親友である人の言動について、非難めいたことをいったようなときです。いってしまった後で、その人が相手の学生時代の同級生であることに気がついたが、まさに後の祭りです。「いけない」と思っても、もう取り返しがつかない。気詰まりな状況におかれてしまいます。しかし同時に、相手ないしはその場にいる人が、失言に気づかなかったのではな […]

  • 2020年4月20日
  • 2020年4月20日
  • 0件

人の話を聞くのが上手な人

何か新しい情報を入手したとき、人に伝えればありがたがるか面白がるかすると思って、ちょっと得意ぎみに話す。そんなときに、相手が平然として、「ああ、そうだよ」といった反応を示すとがっかりする。と同時に、ちょっとむっとした気持ちが頭をもたげてくる。不愉快になる。相手の反応の中に、「私はすでに知っていたが、君は今まで知らなかったのか」というニュアンスを感じるからです。相手がすでに知っていたのは事実であって […]

  • 2020年4月16日
  • 2020年4月16日
  • 0件

話、聞き方、話、聞くコツ!

「なるほど」この一言が持つ。意外な効果 マーケティングの仕事に携わっていた友人に、年配の大物には常にかわいがられているのがいた。新しい企画を立てては売り込むのだが、まったく新しいものだけに最終的には企業のトップの人にも会う機会がある。そのときは大体は末席あたりにいるのだが、必ず目をかけられるようになる。彼は人が何かいったときに、よく耳を傾けたうえで、「なるほど」と声に出して大きくうなずくのである。 […]