TAG

営業

  • 2020年6月28日
  • 2020年6月28日
  • 0件

商談につながる営業メールの書き方とは?【メール文例付き】

「読まれる」営業メールの書き方を知る 電話や訪問よりもコストのかからないメールは、重要な営業ツールのひとつといえます。商談につながる営業メールを書くためには、どのようなポイントに注意すべきなのでしょうか。ここでは、営業メールの書き方のポイントを、例文とともにご紹介します。 営業メールのメリット・デメリット まずは、営業メールのメリットとデメリットについて見ていきましょう。営業メールのメリットは、次 […]

  • 2020年6月26日
  • 2020年6月27日
  • 0件

ほぼ内勤なのに「営業成績トップ」になった人が続ける3つの習慣

■「営業とは足で稼ぐ」という考え方の崩壊 こうなると特に変革に取り組まなければいけないのが営業部門でしょう。これまで営業といえば「営業とは足で稼ぐもの」であり、顧客先をとにかく数多く訪問すれば信頼を獲得できると考えていた企業は多いと思います。いわゆるフィールドセールス(対面型営業)です。  しかし商談相手がテレワークをしていれば、訪問するわけにはいきません。このような状況で、インサイドセールス(非 […]

  • 2020年6月11日
  • 2020年6月11日
  • 0件

オンライン商談のコツ|コロナで変わる営業スタイル

新型コロナウイルス感染症の影響により、感染拡大前以上にテレワーク・リモートワークが推奨されています。営業活動も今まで同様の対面営業ができなくなって痛手を受けている営業組織が多い中で、オンライン商談を導入する企業が増えています。 対面によるリスクを避けて商談を行うことができるため、コロナ禍でのリモート営業の一縷の望みとなっていますが、初めてオンライン商談を導入する組織には戸惑いや不安もつきまとってい […]

  • 2020年6月10日
  • 2020年6月11日
  • 0件

営業の目的と役割をきちんと理解してる?営業に求められる本当の意味

営業の目的と役割についてきちんと理解してる人は少ないと思います。営業職の役割りは単純な物売りではなく、本質的な意味があります。 そこで今回は営業マンとして心得ておくべき「営業の目的と役割」について解説していきます。新卒の営業マンや営業成績に悩んでいる人はぜひ参考にしてください。 営業マンの意味 営業職の人はどの企業にもいますが、その目的・役割については特に普段意識することもないと思います。 しかし […]

  • 2020年6月6日
  • 2020年6月6日
  • 0件

飛び込み営業をするのなら知っておくべき10のポイント

営業職に就くと、飛び込み営業を経験するケースが多いと思います。 初対面の相手には、およそ5秒前後で第一印象が決定するといわれています。そして、この第一印象がどれだけ良いかで、飛び込み営業の成約率は大きく変わってくるのです。 そこで今回のコラムでは、飛び込み営業に関わる考え方から具体的な注意点まで、成約につなげるまでのポイントを10個ご紹介します。 飛び込み営業で心得ておくべきコツ4つ 飛び込み営業 […]

  • 2020年6月3日
  • 2020年6月3日
  • 0件

営業職と接客業の違い

営業職と接客業の違いとは一体何でしょうか。多くの共通点があることは間違いありませんし、そうした共通点があることから「大差ない」と理解している方も少なくありません。が、営業職と接客業は明らかに異なる職種なのです。ではどのような違いがあるのか、その点を確認して見ることにしましょう。 ①接客業と営業職の違いその1 「優先すべきことが異なる」 営業職と接客業の違いとして一つ目に挙げられるのが、お客様と接す […]

  • 2020年5月30日
  • 2020年5月30日
  • 0件

接客と営業の違いと共通点とは?

接客(販売)と営業 お客さんと接して売るという共通点があるので一見同じようなものだろうと感じる方も少なくないのでは… 最初は共に同じように感じますが、それぞれに詳しくなればなるほど両者には違いがあることが解かってきます。 共通点があるとすれば、お客さんと直接話し、物を売る事ということになります。 この物を売るという行為は、お客さんの立場からすると全くの別になってきます。 接客は、基本的に来店された […]

  • 2020年4月13日
  • 2020年4月14日
  • 0件

商談、商談とは!

商談は多ければ多いほどよい! 手持ち商談は多ければ多いほど有利です。それは単なる確率論だけの話ではなく、営業マンの精神衛生上の面からも言える話です。たとえば、商談がひとつしかないと、その商談にしつこく執着してお客を追い回すことになります。これは、最も嫌われ迷惑がられる最悪の営業パターンです。あるいはお客から足元を見られ、必要以上の値引き要求を受けることにもつながります。さらに、次の商談の種まきにま […]