グランピングとは

大自然の中で、優雅に食やステイを楽しむグランピング。ここ数年で、グランピングを楽しむ人が増えてきましたが、今年はグランピングが新たなリゾートとしてさらに注目されている模様。その理由について考えてみましょう。

グランピングの特徴とメリット

グランピングとは”glamorous”(優雅な、魅力的なといった意味)と”camping”を合わせた造語です。優雅でおしゃれなキャンプといったところでしょうか。「大自然の中、贅沢な空間で楽しい時間を過ごす」というアウトドアの新しいスタイルです。そんなグランピングの一番のメリットといえば、気軽に行けるということ。アウトドアの知識や経験、キャンプのような装備は一切不要です。着替えや必要なものだけバッグに詰めれば準備は完了!いわば「手ぶらキャンプ」のようなものです。
グランピング施設の設備は、ホテル並みに快適。エアコンの効いた部屋、清潔なトイレとバスもあります。スタッフが行き届いたサービスを提供しているため、小さい子どもがいるファミリーでも安心して滞在できます。また、グランピングの魅力のひとつには「食」があります。産地ならではの新鮮な食材を使ったBBQや、シェフによる豪華メニューなど、食コンテンツに力を入れているグランピング施設も増加中です。

3密回避でコロナウイルス対策も万全

新型コロナウイルスの感染拡大によって、外出自粛を余儀なくされるなど、私たちの仕事や生活に大きな変化が訪れました。完全に収束するにはまだまだ時間がかかることが予想され、感染リスクを避けながらストレスや巣ごもり疲れを解消することも必要となっています。そこで注目されているのがグランピング。優雅にアウトドアを満喫できるグランピング施設は、人混みとは無縁の海、山、高原など、自然の豊かな敷地に建てられていることがほとんどです。普段一緒に生活している家族だけでマイカーで移動すれば、移動中の感染リスクを防ぐことができます。
また、グランピング施設には、広大な敷地内にコテージや大型テントなど独立型の宿泊施設を配置しているところも多いので、そうした施設を選べば他の宿泊客と3密状態になることも避けられるでしょう。さらに、施設HPなどをよく確認して、スタッフの健康や施設の衛生面に配慮し、3密対策をしている施設を選んで利用したいものです。
何かと制約の多い日常を忘れ、野外でのBBQ、海や森でのアクティビティなど、子どもも大人もグランピングで思う存分遊び、ストレスも解消、大自然のすばらしさを体感してください。

お気に入りのグランピング施設を見つけるチェックポイント

大自然の中、贅沢な空間で楽しい時間を過ごすグランピング。現在では、日本全国にさまざまなグランピング施設が誕生し、その内容も多種多様です。「どうやって選べばいいのか分からない!」という人のために、グランピング施設選びのチェックポイントを紹介します。

ステイスタイルで選ぶ

それぞれのグランピング施設には、ステイスタイルにこだわりを持っています。自分が快適に過ごしたいスタイルをイメージすると、お気に入りが見つかりやすいでしょう。アウトドアの醍醐味を味わいたいなら、断然テント型。テントといってもグランピングの場合は非常に大きく内部は広々しています。大きなベッドにトイレ、バス、空調設備も完備されており、ホテル感覚でくつろげます。どうせならラグジュアリーな空間で滞在したいという場合は、コテージやキャビンがおすすめ。別荘感覚で使える独立型施設で、BBQなどの食事や焚火は、アウトドアリビングで楽しめます。その他にも、空中テントやトレーラーなど、個性的な施設も増えているので、SNS映えを気にするならこうした施設を利用するのもよいでしょう。

食で選ぶ

グランピングの魅力のひとつに「食」があります。野外で作りたての料理をみんなで食べると、それだけでごちそうに。食にこだわりのあるグランピング施設もたくさんあります。中には、ブランド肉や新鮮な魚介類、地元の野菜を使ったBBQプランや、近隣の海や川で、自分たちが釣った魚や収穫した野菜を調理できるプラン、シェフの創作料理を楽しめるビュッフェスタイルの食事プランなどを提供しているところも。食にこだわりたい方は、食事プランでグランピング施設を選ぶのもおすすめです。

アクティビティで選ぶ

グランピングのもうひとつの楽しみがアクティビティ。グランピング施設は、周辺の観光施設とプラスアルファで、そのエリアならではの自然の楽しみ方を提案しています。通年ならば、フィールドアスレチックやワークショップ型のアクティビティなど。テニスやプール、温泉、ゴルフが楽しめる施設もあります。春夏ならば、マリンスポーツや川遊び、虫捕り。秋冬ならトレッキングやスノースポーツ、雪遊びなど。収穫体験や調理体験、動物とのふれあいや、薪割り、火おこしなど、子どもたちが喜ぶ体験ができる施設もあります。どんなアクティビティを提供しているかもチェックして、グラピング施設を選べば、より一層充実した旅体験ができそうです。

グランピングの楽しみ方

まずキャンプの醍醐味である「アウトドア」を満喫すること。そしてテントの設営、火おこし、地面に寝袋、キャンプグッズ一式の購入、夏の暑さや冬の寒さ対策の難しさなど、キャンプに不慣れな人にとっては大変だと感じる部分が解消された快適な環境でゆったり過ごすのもグランピングならではの楽しみ方になります。

アウトドアであること

キャンプの醍醐味を味わう、つまり本来のグランピングは大自然の中でアウトドア体験をすることが核になっています。テントに響く雨の音、朝起きたときに聞こえる小鳥のさえずり、新鮮でおいしいフレッシュな空気など大都会では感じることのできない自然の中にいる心地よさを体感しましょう。
テントの設営など一連の大変な作業を行う必要はありませんが、その分自然に触れる、自然の中でめいっぱい遊ぶというアウトドアの楽しさが味わえなければやはりグランピングとは呼べないのです。

グランピングが日本に根付くのはこれから!

グランピングの起源は海外にあり、先人の種々の生活様式や趣味嗜好から生まれたようです。日本においてその歴史はまだ浅いですが、キャンプの一つの選択肢として、またはアウトドアレジャーの一つのカテゴリとして、根付いていくかもしれません。キャンプが好きな方も、キャンプに興味があるが踏み出せない人も、新しい発見や体験をする機会になり、アウトドア業界がより盛り上がると良いですね!

グランピング施設を探すときに気を付けたいポイントとは?

グランピングに泊まってみたい!ということで、いざグランピング施設を探す際には2点確認すべきポイントがあります。

①食事について
グランピングのサービスを提供する施設はさまざま。その中で食事を提供する施設もあるので、事前に確認が必要になります。料理が提供されるのか、食材だけ提供されるのか、それとも食材だけは自分でもっていく必要があるのかは大切なチェック項目です。

②グランピングを語るだけの施設に注意
グランピングの定義は上に書いた通り定まっていない現状があります。高級ホテルサービスのようなグランピング施設から、単に一つ常設展とを置いただけでグランピングといっているところも実在します。多くの方がイメージする「グラマラスなキャンピング」を求めている場合、常設展とが置かれているだけのグランピングではおそらく納得しない経験となってしまいます。